男がライスフォースを使ってみた!効果は口コミ評判通り?30日間トライアルキットを使い切っての感想。

美容・健康

クワバタオハラの小原正子さんも絶賛しているというライスフォースのトライアルセットを使ってみました。
以前からずーっと気になっていたんですが、やっと試すことが出来ました。
たっぷり30日間試しての感想を書いていきます。

ライスフォースのトライアルキットとは

トライアルキットの種類

ライスフォースのトライアルキットには3種類あります。

  • キレイを育み改善する30日間トライアルキット
    =2,500円+税
  • 浸透保湿を実感する10日間トライアルキット
    =900円+税
  • 浸透保湿を実感する10日間トライアルキット (シミ・美白対策付)
    =1,400円+税

この中で僕が今回選んだのは、30日間のセットです。
どうせ試すならたっぷり試さないと意味がないですよね!
お肌分析が付いているもの30日のセットだけなので、それも魅力でした。

30日間トライアルキットの内容

10日間セットが3つ入ってる感じ

30日間のセットの内容はこちら

  • 薬用保湿化粧水RF…20mL×3個
  • 薬用保湿美容液RF…8mL×3個
  • 薬用保湿クリームRF…5g×3個
  • 【特典】お肌分析キット

正直ライスフォースはめちゃくちゃ高価な化粧品という認識なんですが、これだけのセットで2,500円だとかなりお得ですね。
継続して使うか検討するには十分な量です。

個人的な感想

肌の変化について

すぐに実感はしないけど、2週間過ぎたくらいから肌のしっとり感が続いてるな~と感じられました。
劇的に肌荒れが改善したり、ニキビに効く感じは特にありません。
保湿がしっかりされることで毛穴の開きが目立ちにくくなり、全体的に滑らかになる感じです。
肌の水分保持能を改善する薬用化粧品なので、肌荒れ対処用というより、肌質のベースから改善していくと考えた方が良いですね。

使用感について

化粧水、美容液、クリームのすべてを通して、しっとり感はありつつも軽い使い心地です。
僕はベトベトする化粧品が苦手なんですが、どれも程よくしっとり馴染んでくれます。
スキンケアの後すぐメイクをしたい人汗っかきで手早くスキンケアを終えたい人男性にもおすすめのスキンケア商品だと感じました。

特に男性で皮脂に悩んでいる人は、もしかしたら肌の乾燥が原因かもしれません。
ライスフォースは肌の水分量から改善してくれるので、乾燥が原因のオイリー肌に悩む男性も試してみる価値ありですね。

化粧水のレビュー

成分表

成分名効果・効能 
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)皮膚水分保持能の改善有効成分
溶媒(基材)順不同
(もしくは配合量が1%以上と予想できる成分)
エタノール清涼、収れん、殺菌、防腐
BG保湿、防腐、増粘
DPG保湿、防腐、増粘
濃グリセリン保湿
グリチルリチン酸2K消炎
DL-PCA・Na液保湿
大豆リゾリン脂質液保湿、抗老化・抗シワ順不同
(もしくは配合量が1%以下と予想できる成分)
ヒアルロン酸Na-2保湿
植物性スクワラン保湿、整肌、増粘
天然ビタミンE酸化防止
PEG(120)保湿、増粘
POE・POPデシルテトラデシルエーテル乳化※
POE(25)POP(30)乳化※
カミツレ油-2保湿、美白、肌荒れ改善
粘度調整剤
pH調整剤
メチルパラベン防腐

ライスパワーを筆頭に、保湿成分をしっかり配合されていますね。

使った感想

無色透明。
手に取ったときはシャバシャバした感じですが、肌に乗せると少しだけとろみのある感触がしました。
伸びも良く、手のひらでゆっくり馴染ませるとスーッと浸透していく感じです。
エタノールが配合されているおかげか少し清涼感がありました。
爽やかさを感じる程度なので、キツイ感じはありません。

ほのかにお米の香りを感じるのは僕だけですかね?
香料は含まれていないので、ライスパワー自体の香りかな?と思います。

保湿はこの化粧水だけでも十分実感できると思います。
個人的に、セットの中では化粧水が一番今後も続けたいアイテムだと思いました。
全部そろえると高いですしね(苦笑)

美容液のレビュー

成分表

成分名効果・効能
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)皮膚水分保持能の改善
溶媒(基材)
シクロペンタシロキサン合成ポリマー(感触改良)、溶剤
ジメチコン合成ポリマー(感触改良、皮膜形成)
濃グリセリン保湿
エタノール清涼、収れん、殺菌、防腐
BG保湿、防腐、増粘
DPG保湿、防腐、増粘
POE・ジメチコン共重合体乳化
オクタン酸セチルエモリエント作用、感触改良
オリブ油エモリエント作用
植物性スクワラン保湿、整肌、増粘
天然ビタミンE酸化防止
POPメチルグルコシド
ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド※乳化
セスキステアリン酸メチルグルコシド※乳化
POE(7)ラウリルエーテル※乳化
軽質流動イソパラフィン※合成ポリマー(感触改良)、乳化
ヒアルロン酸Na-2保湿
グリチルリチン酸2K消炎
POEステアリルエーテル※乳化
カミツレ油-2保湿、美白、肌荒れ改善
粘度調整剤
pH調整剤
EDTA-2Na保存料
メチルパラベン防腐

保湿成分もしっかり入っていますが、しっとり感をやや強調した配合だと感じます。

使った感想

すこし白濁しています。
とろみがある感じではなく、伸びの良いジェルって感じです。
美容液を使うことで、ダメ押しでよりしっとり感を味わうことが出来ます。
個人的にはそこまで必要性を感じるアイテムではなかったですが、乾燥肌に悩む方は取り入れた方が良いと思います。
化粧水だけより美容液も使ったほうがより保湿効果も得られるでしょう。

こちらも微かにお米の香りを感じました。

クリームのレビュー

成分表

成分名効果・効能
ライスパワーNo.11(米エキスNo.11)皮膚水分保持能の改善
溶媒(基材)
オクタン酸セチルエモリエント作用、感触改良
BG保湿、防腐、増粘
植物性スクワラン保湿、整肌、増粘
濃グリセリン保湿
ジメチコン合成ポリマー(感触改良、皮膜形成)
N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)エモリエント効果
ベヘニルアルコール乳化
ステアリン酸感触改良
ステアリン酸ポリグリセリル乳化、エモリエント効果
ステアリン酸PG乳化、エモリエント効果
ラウリン酸ソルビタン乳化
ミリストイルグルタミン酸Na合成界面活性剤
グリチルリチン酸2K消炎
粘度調整剤
pH調整剤
メチルパラベン防腐
プロピルパラベン防腐
ブチルパラベン防腐

保湿と保護のバランスが良さそうな感じですかね。

使った感想

白く伸びの良いクリームです。
ベタベタする感じはなく、スーッと伸びてしっとりさせてくれるクリーム。
肌の水分が逃げないようにする蓋の役割と、肌を刺激から守る保護の役割を果たしてくれます。
が、量を多く使うと微かに被膜感を感じることがあったので、その辺は調整が必要かもしれません。

ライスパワーエキスNo.11とは何ぞや?

公式HPによると

お米の力に着目し、研究開発されたのが「ライスパワーエキス」です。
白米を原料に独自の技術でお米のエキスを抽出、そのエキスに麹菌や酵母、乳酸菌を加えて、90日間という長い時間をかけて発酵・熟成させたもので、化学物質を含まない100%お米からできた成分です。

ライスフォース公式ホームページ

とありました。
完全な天然由来の成分で、お米の力を最大限に抽出したものが「ライスパワーエキス」なんですね。
古くからお米を主食としてきた日本だからこそ誕生したのでしょう。

ちなみに「ライスパワーエキスNo.11」という風に最後に番号が振られていますね。
この番号によって効果が変わってきます。
No.11は皮膚水分保持能改善効果(肌自身の持つ水分を保つ力を改善)が認められた医薬部外品の有効成分です。
角質層内の水分量を高く保つ能力をより高めることで、乾燥肌に悩む人もしっとりした肌を目指すことが出来ます。

最後に

化粧水・美容液・クリームの3つを30日間試した結果、個人的に化粧水が一番オススメです。
正直僕にとっては、美容液とクリームはそこまで必要な感じがしませんでした。
乾燥肌の方はもちろんフルセットで使った方が良いと思います。
すでにお気に入りの乳液やオイルがある方は、化粧水だけでも取り入れてみると肌のしっとり感の違いを実感できると思いますよ。

いずれにしても、トライアルキットがめちゃくちゃお得に試せるので、そこから始めてみると良いと思います!

参考文献

成分表示に関して、以下の文献・サイトを参考にまとめました。

タイトルとURLをコピーしました